アストラテックインプラント

 

アストラテックインプラントは世界的な製薬、医療器具メーカーであるアストラゼネカ社のグループ企業、アストラテック社によって開発された生体親和性に優れ、長期間安定して使用できる素材である純チタンを用いた歯科用インプラントです。
1985年から開発に取り組み、現在その研究開発力と長期安定性は世界中で高い評価を得ています。

アストラテックインプラントの特徴は、フィクスチャーアバットメントの連結の時、円錐状にデザインされたアバットメントの下底部がフィクスチャーー内部で連結することで、咬合力が理想的に分散され、連結部の強度が高くなります。
フィクスチャーの上部には微少なネジ加工を施し、骨にかかる力を分散、骨縁部の組織再生を促します。

アストラテックインプラントの最大の特徴は、ネック部のその形状から、周囲の骨の吸収が他のインプラントメーカーと比較しても非常に少ないことにあります。

少ない骨を有効に活かすためにも、また術後の骨の吸収によるインプラントの喪失や審美性の阻害を防ぐためにも、大切なことです。